MENU

一人暮らし高齢者見守り電話サービス | 株式会社こころみ

お役立ち情報データ集

知ってますか?このデータ。親御さんのことを考えたとき、きっと役立つ高齢者関連のデータを集めました。
今、超高齢社会の日本がどのような状況にあるのか確認してみましょう。

データ1一人暮らし高齢者の会話頻度

この事実、ご存知ですか?
お話し相手がいない一人暮らし高齢者の数は驚くべき数字です。
65歳以上の一人暮らし高齢者は全国に約500万人おり(※1)、年々増加傾向にあります。その多くは他者との会話すら満足にできておらず、会話の回数が2、3日に一回以下の人は約4割に達します(※2)。特に男性の場合、約17%が2週間に一回しか会話をしていないという実態があります(※2)

※1総務省「平成22年国勢調査」※2 国立社会保障・人口問題研究所「生活と支え合いに関する調査」(2013年7月公表)



一人暮らしの親御さん。「少し寂しそうだけど、身体は元気みたいだし。」と考えていませんか?じつは「孤独」が身体に強いダメージを与えるという研究結果があります。J・カシオッポ教授(米国シカゴ大学心理学部)が約2万人を対象とした調査・分析を行いました。
それによると、社会的孤立が死亡に与える影響は肥満による影響の2倍、強い孤独を感じた場合に高齢者の死が早まる確率は14%も上昇するというのです。
つながりプラスは、親御さんの孤独解消に役立つサービスです。定期的な会話によって、積極的で元気な生活を支援します。

データ2一人暮らし高齢者数の推移

年々、増えている一人暮らし高齢者数。今後、ますます増えていきます。
一人暮らし高齢者数は、今年2015年には600万人と推計されています。
さらに、日本の人口における一人暮らし高齢者の割合も急速なペースで増加しています。

dataImg02

出典:厚生労働省2013年9月「都市群の高齢化対策に関する検討会報告書」

親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック