MENU

親子を結ぶ会話サービス | 株式会社こころみ

お役立ち事例紹介

つながりプラスを利用することで、ご家族が分かったこと、知ったこと、新たに発見したこと。
つながりプラスを始めたことで、親御さんが元気になったこと、楽しくお話しいただいたこと。
ご家族から、親御さんから、「使って良かった」、「始めて良かった」との声を寄せていただいています。つながりプラスがお役立ち出来た実例をご紹介します。

  • 風邪をひいても教えない

    親御さんが風邪をひいても「心配かけまい」としてご家族にお伝えしていなかった。それが伝わるように

  • 孫が来ないと言っといて

    「孫が来なくて寂しい。」会話の後で、「今のメールに書いておいてね」。直接言いにくいことを伝言代わりに

  • 指輪を売らされた

    最近高齢者をターゲットにした「押し買い」の被害にあった翌日に話を伺い、ご家族にお伝えできました

  • 昨日のニュース、見ました?

    テレビを観た感想。家族と一緒ならごはんを食べながら言うこと。そんなことを言う相手が見つかりにくいようです

  • 食事の誘い

    一人でこもりがちだった方が、自ら、近所の方をお食事に誘うようになりました

  • 子どもの自慢

    「子ども」とはご依頼主さんのこと。ご依頼主さんがいかに素晴らしい方か、とうとうと語っていただいています

  • ヨガを5年、続けています

    仲のいい母娘のお二人でしたが、なんと毎週ヨガに通いはじめて5年経つことをご存じありませんでした

  • こんなに笑うんだ

    レポートを読んでいただいたお子様から、「母がこんなに人と話すんだ、こんなに笑うんだ」とのお言葉をいただきました

  • 娘(自分)の介護を分かってもらう

    認知症の親御様の介護をする娘さん。ご自分が介護をしていることを第三者に知ってもらえることがありがたいとのこと

  • 独り身だから、
    話すことで認知症の予防にも

    ご本人からのお申し込み。話すネタを事前に準備したり、人と話をすること自体が認知症の予防にも役立つとのこと。

会話内容例

毎回約10分のコミュニケーターとの会話では、ご利用者ごとさまざまなお話をしていただいています。
数々のお話の中から印象深い会話をご紹介します。

「今日は暑かったからねえ、あまり元気が無くて。でも何か食べなきゃと思って、昼ごはんはそうめんにしたんですよ。
ただ、そうめんじゃ体力がつかないと思って、納豆とオクラも入れたんですよ。」
「大丈夫です、今に良くなります。でも、痛いも何も、泣きながら帰ってきました。」
「父親が高血圧でしてね。私もうつるって思っててね。だから薄くしてね、おしょうゆね、減塩とかしてます。」
「昨日はね、近所のお店の店員さんと焼肉を食べに行ってきたんです。焼肉を食べたら元気が出てきました。娘にはお酒は1杯までって言われてるんですけど、二杯飲んじゃいました。ははは。」
「朝はね、やっぱり野菜が多い。野菜を身体に入れるんです。生野菜とトーストです。あと、人参とブロッコリー、温めて。」
「金とかプラチナの指輪ありませんかと言われて。売る気はありません、娘に残しますから、と言っていたんですが。とにかくそれを出さないと帰らない感じになって。」
「電話に出たら元気って言うことでしょう?出なかったらあれですけどね。」
 
「足の具合が今日はあまりよくないですね。季節の変わり目とかこういうお天気はね。曲げ伸ばしとかけっこうつらいです。寒くなってきましたしね。カイロとか貼っていますよ。」
「膝どうもないけど夜中だけ痛いんですわ。まぁ昼間はどうもないしね。
また月曜には注射うってもらいますわ。」
「日本で一番高い駅はどこか。下りがあって、のぼりがない、高い駅はどこか。って、よく考えたら東京駅ですよ。」
「いつか使う」とか「もったいない」とかいうと結局片付かなくて整理できないやね。そうすると後で息子や娘にやってもらう時迷惑がかかるんよね。 もうね、一人が気楽でいいんよ。」
 「今まで誰にも話してなかったけど、おばあさんになって、先が見えてるから、安心して話をしているの。」
「私、早起きなもんでね。コンビニに朝5時に行きましたよ。」
「滅入ることもありますよ。ひとりですからね。」
 「今日はあまり天気がいいもんだからこれから散歩に行こうと思ってたんですよ。」
「いろいろ長々とお話してすみません。話す人がいないからつい話してしまうね。」
「今は脚が痛いけど、良くならない人はいないでしょうし。元気に頑張りますので。」
 
「テニスは残念でしたね。やっぱり決勝は強いですね。でも、準優勝でもすごいもんですよ。たいしたもんですね。」
「孫たちが自分のことを大好きなんですよ。」
「あんまり気分がいいからって、赤い色とか着ると席譲ってくれないのよね。」
 
「今度の日曜日から旅行に行くんですよ。」 
「今日も散歩行こうと思ってたんですが雨でね。」
「朝はパンとコーヒーで簡単なものよ。」
「雨降ると、どこも出る気にならなくなって。」 
 「なんか昨日ころんじゃってね。」
親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック