MENU

親子を結ぶ会話サービス | 株式会社こころみ

親御さんへの伝え方

親御さんにお話をされる前に、必ずお読みください。

サービスのご利用を検討中の方の中には、「親のためを思って頼もうと思ってたけど断られた」という方もいらっしゃいます。親御さんは「子どもに見守られる」という状況に抵抗感を覚える方場合もあるのです。
そのため、親御さんのお気持ちに配慮した話の仕方、親御さんへの伝え方がとても重要です。

伝え方OK例

  • 「自分が心配だから、サービスを受けてもらえない?」
  • 「どんな話したかを〇〇(孫)にも伝えられるから、喜ぶと思うんだ。」
  • 「元気にやってるってことを知るだけで安心できるから、お願い」

ご家族側のメリット、安心をお伝えしてみましょう

伝え方NG例

  • 「話し相手がいないんじゃない?暇つぶしにもなると思うよ」
  • 「急に病気になったりしても、誰にも気づかれないし、周りに言える相手もいないでしょ?」
  • 「一人で寂しいでしょ?誰かと話すと楽しいんじゃない?」

親御様のメリットや満足を伝えることはお勧めしません

最初は戸惑っても、お電話を開始してしまえば、喜んでお話しいただくケースがほとんどです。まずは気軽に始めてもらえるような言葉を掛けてみましょう。

  • 「お試し電話だけやってみない?嫌だったらすぐにやめていいから」
  • 「キャンペーン中で、今やるといいみたい。気軽に始めるだけ、どう?」

さらに!

☆ご自身だと説明が難しいという方には、弊社コミュニケーターが直接親御様にご説明のお電話をさせていただくことが可能です。(事前にお電話があることはお伝えいただきます。)

個別の事情により、どのような言い方をされるべきかお悩みのこともあると思います。
言い方のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

■お客様相談窓口 フリーダイヤル0120-042-488 *平日9時-18時

親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック