MENU

一人暮らし高齢者見守り電話サービス | 株式会社こころみ

ご利用者様の声

親御さんのコメント

早田瞭子様 広島県 78歳 

家族ではないからこそ、なんでも遠慮なく話しができるのが嬉しいです。昔の思い出話なんかも聞いてくれるし、毎日の生活にハリが生まれるように思います。少しカゼ気味だったことを言ったら、すぐに娘から電話がかかってきてうれしかった。 そんなことは今までなかった。最近は、次の電話で何を話そうと、普段の生活の中でネタを探すようにもなりました。 日々の生活が少し新鮮になったように思います。

ご家族のコメント

高橋信也様・美紀様 東京都

広島と東京と離れていることもあってほぼ毎週電話もしているし、最近はiPadを渡して写真をやりとりしたりもしていたのですが、 逆に家族だからしない話というのがあるんですね。
実は、母がヨガを数年続けていたことを知らなかなったんです。
その他にも、誰と夕食を食べたか、日中どこに出かけたかなどは、普段電話をしても聞かないし、親も言わない。
そういうことが分かると、とても安心できる。また、それらの話をきっかけにこちらから電話しやすくなりました。
サービスを始めてから、母との距離が縮まった気がします。
なによりも、毎回の電話を親が楽しんでいることに、 こちらとしても良かったな、としみじみ感じています。

ご家族のコメント ② 

親御さんが認知症の方のケース/親御さんと建物内別居

娘さん 40代女性  親御さん70代女性
○○さんからの「報告メール」
キレイ事ですが「人の心」を取り戻す1つになっています。
不在な間のほんのひと時の事ですが、母親と向き合っていない自分を確認できます。
遠く離れている家族にとって、一層その気持ちは増す事と思います。
私の場合は病状が進んでいるので余計に母親の行動が「やっかい」と思う日々です。
しかし…どこで我に返っているのか分からない状況なのに
文面から、色々な気持ちが生まれます。
そして、こうしてこちら側からも思いを発信出来る環境というのは
やはり、有り難い。

きっと遠くから「見守る」環境であっても、親を思う気持ちは変わらないと思います。
「こころみ」にお願いする時点で明確なのですが…

夫婦でも1人暮らしでも、私のような環境でも
親が何を思い、行動しているのか。
私には理解の範囲ではありませんが、きっと子を思う親の心と似ているのかもしれません。
そこでの「私情を入れない、バッググラウンドは聞いているけれど否定はしない、ただ、聞く、話す、報告する」
それが、家族の「現状を直視出来る環境」を生むのだと、思います。

「こころみ」は、家族の安心だけでなく、小さな覚悟をさせる役割もあると思います。
一山超えないと、キレイ事を言えない自分も居ました。
こんな状態でも「最期は泣いて母親を送りたい」と、キレイ事を掲げています。
そんなキッカケも、身内ではナイ誰かが作ってくれるのだと、思います。
月並みですが「有り難うございます」しか、ごめんなさい。

ご家族からの反響

「今日は自分で魚を焼いて食べた」、「明日は近所の仲間と出かける」などの詳細なレポートが毎週2 回届くので、親のことを考える時間が自然に増えました。
(50 代男性)
入院していたことを教えてくれず、後になってから知ったということがあり、サービスを始めました。ケガや健康状態が分かるようになったので安心です。」
(40 代女性)
風邪をひいた、最近始めた趣味、そんな話を共有できるんです。話をするきっかけができて、以前より電話する回数が増えました。
(40 代女性)
以前は父に対して話が噛み合わず苛立つことがありましたが、最近は話をするときに、親のことをよく知ったうえでコミュニケーションができるようになりました
(40 代男性)
親の昔話は聞き飽きたと思っていたけど、レポートを読んだら、初めて知る話がたくさん出てきてびっくりしました。
(50代男性)
情報を共有するので、話をするきっかけが出来て、以前より電話する回数が増えました。
(40代女性)
初回訪問に立ち会った時のことですが、コミュニケーターの方とお話するのを横で見ていて、こんなに笑うんだと驚きました。
(40代女性)
始めたころは身体の具合が悪いとか、膝が痛いとか、愚痴ばかり話しているレポートばかりでした。それが一ヶ月くらい経ってからは、友人と出かけるようになったとか、家族の自慢話とかを話してくれているようで、元気になっている様子が伝わってきて嬉しいです。
(30代女性)
少し照れくさいのですが、私(息子さん)の自慢話をしているようで、そのレポートを見るとちょっとうれしいです。自分のことを考えてくれてるんだな、ということが伝わってきます。面と向かっては言ってこないので。
(40代男性)
親の行動のひとつひとつが詳細に分かることにより、親が今何を悩み、何を困っているかがタイムリーに分かるようになりました。
(40代男性)

親御さんからの反響

私の話を何でも聞いていただけるので大満足です。私はついつい、余計なことばかりぺらペら話しちゃうんですけどね。それでも聞いてくれるからうれしいです。(80代女性)
最近膝が痛くなったのを娘には言ってなかったんですけど、なんだか効くという湿布薬を送ってくれたんです。私の生活をちゃんと見ていてくれていたんだなと思いました。
(70代女性)
お電話によって、私は守られているんだな、って感じるようになりました。こどもからも見守られているのかなって、思うようになりました。
(70代女性)
日々の生活の中で、今日は電話があるかなとか、そろそろ電話来るかなと思うと、曜日や時間の観念が出来ましたね。生活にハリが出たような気がしますね。(70代男性)
10分間で話す内容を組み立てて話をしていたので、脳の活性化につながってるんじゃないかなって思います。日頃も話す内容何にしようかと思いながら生活するようになって、少し積極的になったきがしますね。
(80代男性)
だんだん物事が分からなくなってくる、っていう心配がある方、認知症予備軍の方向けにいいと思います。私はまだ大丈夫だと思ってますけど、話すことで何か予防になっているっていう実感はありますよね。
(80代女性)
親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック