MENU

一人暮らし高齢者見守り電話サービス | 株式会社こころみ

3つの特徴

つながりプラス3つの特徴

特徴1:初回訪問
全国どこでも必ず初回訪問
担当するコミュニケーターが直接会って「顔見知り」になるから安心

IMG_2852面識もない人からの電話は誰でも不安なものですが、「つながりプラス」ではお一人お一人を個別のコミュニケーターが担当するため、ご心配は無用です。初回はご自宅またはご近所まで訪問し、直接ご面会します。その段階で、親御さんの生い立ちやご趣味などのお話をうかがいながら、電話での会話内容についてお打ち合わせします。
こうして「顔見知り」になった担当コミュニケーターだから、毎週2回の電話も安心感があり、自然にスムーズな会話がうまれます。
また、第三者であるからこそ、ご家族には伝えにくい悩みや病気などについても、お気軽にお話しいただけます。

詳しくはこちら

特徴2:コミュニケーター
あなた専属のコミュニケーターが担当
おひとりおひとりのお話を「聞く」専門家としてお聞きします

こころみのコミュニケーターは、おひとりおひとりを個別に担当し、初回にご自宅かご近所まで直接ご訪問します。一度会って「顔見知り」になったうえで、毎週2回約10分お電話いたします。また、電話ごとに毎週2回、会話内容をご家族にメールでレポートします。

こころみのコミュニケーターは、高齢者との対話およびその報告に必要な独自の訓練を受けています。高齢者が安心して会話を楽しめるような受け答えだけではなく、ご家族への報告を目的とした情報収集の方法論、認知症発見のための会話術、レポーティング記述に関する訓練などを実施しています。

詳しくはこちら

特徴3:聞き書きレポート
親御さんとのお話の内容を、その都度「聞き書きレポート」としてお届け
離れて暮らしていても、必要な情報を共有できる

電話ごとに毎週2回、会話の内容をすべて語り口調で書き起こし、ご家族にメールで「聞き書きレポート」としてお届けします。また、会話の雰囲気や話し方から、体調の変化、悩みごとの有無なども推測してご報告します。毎回同じ担当者が会話するからこそ、ちょっとした変化をくみ取ることが可能となり、ご家族は親御さんの健康面・精神面を常に把握できる安心感が得られます。また、情報を共有することで、親御さんとの新たな交流のきっかけが生まれます。
*緊急でお伝えすべきことがある場合は、ご家族に別途お電話をさせていただきます。

詳しくはこちら

親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック