MENU

親子を結ぶ会話サービス | 株式会社こころみ

【リリース】会話型見守りサービス「明和のつながりプラス」11月1日提供開始

明和管理と業務提携し、マンション居住者向け新サービスとして11月1日開始

meiwanotsunagariplus
株式会社こころみ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:神山晃男)は、明和地所株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:原田英明)の子会社である明和管理株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:右原愼介)と業務提携し、会話型見守りサービス「明和のつながりプラス」を平成27年11月1日よりクリオマンションを中心に提供開始いたします。

当社では「すべての孤独と孤立をなくす」というビジョンのもと、平成26年2月より一人暮らし高齢者向けのサービスとして会話型見守りサービス「つながりプラス」の提供を行ってまいりました。超高齢社会が進む中で、ご家族と離れて暮らす、一人暮らしの高齢者の数も増え続けております。今回の明和管理株式会社との業務提携は、さらに多くのお客様のニーズに応えることを目的に進めてまいりました。

「明和のつながりプラス」は、一人で暮らす親御さん(見守りを受ける側)と、離れて暮らす親を持つ家族(見守りする側)の両者が抱えている課題を解決いたします。一人暮らしの親御さんに担当コミュニケーターが毎週2回お電話し、お電話の内容をその都度ご家族にメールでレポートする会話型の見守りサービスです。親御さんは会話をする楽しみが増え、ご家族は親御さんの会話内容をそのままレポートしてもらうことで親御さんの暮らしぶりなど気になる情報を得られます。人のぬくもりを感じられる、きめ細かなサービスをお届けしてまいります。
また、新サービス提供開始につき、「明和のつながりプラス」では、平成28年4月30日までにご入会していただいた方に、①入会金無料②3か月間の無料お試し体験の特典を設けました。サービスを実際に体験してから、契約することが可能です。

明和のつながりプラスリリース(PDF資料)

>> 新着お知らせ一覧に戻る

親との距離が縮まった!とうれしい声が続々!

資料請求はこちら お問合せ・無料相談

親のための自分史作成サービス「親の雑誌」
メディア実績
  • ・日本経済新聞
  • ・日経産業新聞
  • ・テレビ東京
    「ワールド・ビジネス・サテライト」
  • ・小学館「DIME」
  • ・日刊ゲンダイ
  • ・東洋経済Online
メディア実績をチェック